• HOME
  • 園の紹介
  • 園での過ごし方
  • 地域への取り組み
  • トピックス
  • お問い合わせ
  1. HOME
  2. 園の紹介
  3. 保育計画

保育計画

主題

つよくてやさしいすこやかな子

目標

  1. あたたかな人との関わりをとおして、安心して意欲的に生活する子ども
  2. 発達に応じたゆたかな体験、ダイナミックな活動や異年齢交流でこころ豊かでたくましい子ども
  3. 遊び、学び、元気に活動し、おいしく食べて、ゆっくり休み心身ともにつよくやさしい子ども
  4. 充実した今を豊かに楽しんでいき、明日に繋がる力を育む子ども

重点項目

  • 保育者は常に人間性や専門性の向上に努め、自己研鑽を積み感性を高め、愛情、知性、技術をもって一人一人の子どもに関わる。
  • 四季折々の自然、風物に目を向け、生物、動物に親しみ、遊びの中から学ぶおおらかな育ちを大切に考え、その環境作りに努める。
  • 一人ひとりの子どもの違いを豊かな雰囲気の中で受け入れ、互いの良さ等、違いを認め合う関係を築く。また、その中で自発的、意欲的に活動し達成感や耐性力を育む豊かな保育体験を大切にする。

基本姿勢

  • ゆったりとしたあたたかみのある関わりによって安心感、生きる喜びが生まれ育つ。そのための環境を整える。優しさと強さは十分に受容されることで生まれる。そのために、施設の業務に関わる様々な職種の者が自己啓発しつつ、それぞれの専門性を生かし、互いに連携してゆるぎない愛をもって子どもの心情、意欲、態度の育みに関わる
  • 日中の大半を過ごす園の保育環境の重要さを認識し、日常生活の中から遊びを発見する楽しさや、またその遊びを深める取り組みを人的、物的に充実させる。
  • 各家庭の状況を把握し、保護者との連携を図りながら子どもの心身の成長に責任を持ち、受容を基本とした養護と教育に尽力をする。
  • 子どもの豊かな食育を大切にするための取り組みを大切にする。子どもが食を楽しみ、身体作りの基を学び、衛生知識、マナーを習得する。又、生き物の生命の大切さを感じ、感謝する気持ちを持てる食育を推進する。
  • 子育てを支援していくことに最善の努力をするとともに親への暖かな支援も配慮し、親子の姿から学ぶ姿勢も常に持ち、保育士としての自己研鑽に努める。
  • 地域との交流活動は、園と地域の様々な関わりが子どもに豊かな保育体験として学びの場になり、交流から生まれる人間関係を軸としすこやかな子どもへの育ちへと繋がる案境に感謝する。
  • 職務上知りえた内容や、情報は守秘義務の心得を忘れずに自己の職務を全うする。
  • 保護者等の意見や申し出、苦情を様々な形で受け止め子どものすこやかな育ちと保護者の安心して託せる園として真摯に対応し配慮に努める。
  • 開かれた保育園として園の仕組みや保育内容の情報公開に説明責任を持って努め、利用しやすく相談しやすい園の姿勢を大切にする。